「今日のりんりん」報告:レジンでアクセサリを作ろう!

こんにちは!
谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己です。

お元気してますか! 私はハツラツしています!

今日は、「今日のりんりん」をお届けします。

今日のりんりんは、午後にある企画があったのですが、今回はその報告ではありません。

午前中に、利用者のHさんが、知ってる人は知っている「レジン(樹脂)でアクセサリを作る」やり方をレクチャーしてくださったので、その模様をお届けします!

 

今日は天気がいいから、前に言っていたレジンを持ってきたよ!

そう言って、手荷物からごそごそとHさんが小物をたくさん取り出してくれました。

その小物というのは、

レジン(樹脂)でアクセサリを作るための一式でした。

紹介します。

 

透明なレジンとピンクとブルーのレジン。あとレジンに混ぜるラメが数種類。

 

レジンに挿入したり混ぜたりする素材

これらの、レジン(樹脂)の液と素材を使ってアクセサリを作ります。

私も作りましたが、今回は、職員のMが作っていく過程を紹介します。

 

レジンを使ったアクセサリの作り方

レジンにラメを混ぜる

クリアシートの上にレジンの樹脂液を垂らし、そこにラメを加えて爪楊枝で混ぜます。

 

ラメ入りのレジンを型に流し込む

ラメ入りのレジンをシリコンでできた型に流し込みます。
今回はトランプのクラブの形を選びました。

 

レジンを直射日光にさらす

屋外の、日光が良く当たる場所にレジンを置きます。
紫外線に当たることでレジンが固まります。

 

固まったレジンを取り出す

クラブ型になったラメ入りのレジンを取り出します。

 

仕上がりのイメージを作る

こんな感じに仕上げようと思いました。

 

素材をいったん外してレジン(ピンク)を垂らす

レジンを素材台の上に満たします。

 

素材を台の上に配置する

 

出来上がりを直射日光にさらす

 

完成!

完成です!(左)
右は私(谺)が作ったものです。

 

他にも夢がひろがる小物がたくさん

100円ショップで買える小物がたくさんあるようです。
これらを使って、ストラップにしたりイヤリングにしたりと、夢がひろがります。

 

まとめ

今日は、Hさんがレジンを使ったアクセサリの制作についてレクチャーしてくれました。

おかげで、私や職員Mの男二人が可愛らしいアクセサリを作ることができましたw

 

日光にさらす時間は、一回につき5分くらいで、短くすむこともわかりました。
これなら、気楽に「作ってみよう」と思えます。

 

今後、希望者を募って、りんりんで「レジンでアクセサリを作ろう!」という企画をやってみようと思いました。

Hさんに感謝です!

 

 

 

生きるって何だろう? 生命って何だろう?
谺(こだま)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己といいます。シンガー・ソング・ピアカウンセラーをしています。 静岡県藤枝市にある自立生活センターのおのころ島が運営している地域活動支援センター「りんりん」の施設長として精神障害を持つ方へピアカウンセリングを行うほか、シンガーソングライターとして音楽活動をしています。