非日常にお出かけしよう:リフレッシュと新しい発見のために…

こんにちは!
谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己です。

元気してますか? 私は元気です!

あなたは、
「絵画」とか、「書」とか、「芸術作品」とかの、
作品展を鑑賞しに行くことはありますか?

そういう作品展・個展に行くって、
心がリフレッシュするし、新しい発見もあったりして、
とても気持ちのいいことですよね!

今日は、
ある方の個展に行ったときのことをお話ししようと思います。

お世話になっている先生の個展に行ってみた

そのある方とは、
私の職場である地域活動支援センター「りんりん」で、
貼り絵教室を開いてくださっている中村先生のことです。

 

仕事が終わってから、
島田市の商店街に向かいました。

会場である「文具のオカダ」近くの立体駐車場にクルマをあずけて、
そこから歩きました。

店内2階のフリースペースに展示してあるということだったので、
1階のレジで「フリースペースはどこですか?」と尋ねると、
年配の男性店員さんが、
ほがらかに「そちらの階段を上ってください」と手で指して教えてくれました。

 

「おお。そうか!」
と思い階段を上りました。

 

白壁の落ち着いた空間に…

すると、白く塗られた壁で仕切った空間があり、
そこに先生の作品が並べて展示してありました。落ち着いた雰囲気です。

先生の個展には何度か行っているのですが、
これまでに見たことのない作品が2点ほどありました。

「おお! これが新作か!」
と思いました。

落ち着いているけれども動きが感じられる作品でした。

フリースペースのためか、店員さんとおぼしき方と取引先らしき方が、テーブルで打ち合わせのようなことをしていましたが、気にはなりませんでした。

しばらく全体の雰囲気を味わってから、
記帳して会場を後にしました。

 

ふだん感じたことのない不思議な感覚が…

外に出ると、
日は完全に落ちてすっかり夜になっていました。

駐車場に向かって商店街を歩いたのですが、
なにか、
心がほわっとしてとても暖かな気持ちになり和んでいることに気づきました。

また、
島田の夜の街が、
私に向かってふだん感じたことのない印象を放ち、
新鮮で、
「このままずっと歩いていたいな」と思いました。

ので、
駐車場まで直行せずちょっと遠回りをして歩いてみました。
その不思議な感覚をもうしばらく味わいたかったのです。

 

どうして不思議な感覚になったのだろう?

クルマに着いて、
発車の準備をしながら「なんでこんなに不思議な感覚になったのかな?」と考えました。

 

街を歩いたのが久しぶりだった

島田の街を歩いたのは久しぶりだったからかな、
と思いました。

久しぶりといっても、月に一回くらいは通院のため街を訪れます。
そのときは、クルマかバイクで病院まで直行です。
街中をあっという間に通り過ぎてしまいます。

クルマから降りて、
島田の街をこの足で歩いたのがずいぶん久しぶりだったんです。

 

それが夜だった

また、それが夜だったのも理由の一つかもしれないと思いました。

ふだん島田に来るのは昼間ですが、今回は夜でした。
夜のせいで、
見慣れているはずの光景が見慣れていない光景となり、
それがいつもと違う強い印象となったのだと思います。

 

日常と切り離された空間だった

あと、
目的が「個展を見に行く」という非日常だったからかもしれません。

ふだんは、
時間に追われたやるべきことをこなすために街を歩きます。
今回は、
絵画の鑑賞のためだけに来て、それを満喫したあと、
何をするでもない無目的な空間が発生していたのです。

これが不思議な感覚になったおおもとの理由だと思いいたりました。
まさに、個展に来たおかげで、
心がリフレッシュして、新しい発見となったのでしょう。

 

出不精になっていたら、思い切って出かけてみよう!

雨が続いたりすると、
どうしても気分が落ち込んだり、体調が崩れやすくなったり、
ということがありますね。

あなたはどうでしょうか?

病状が安定して回復期にいる人でも、あるいは寛解している人でも、
知らず知らずのうちに出不精になっているかもしれません。

そんなときは、
ちょっと思い切ってお出かけしてみませんか?

こうした非日常が味わえるイベントだといいかもしれません。

きっと、気持ちのいい体験ができると思います。

 

まとめ

私たちは、
仕事や日常の雑用をこなすことでいっぱいになっていることが多いと思います。

「忘れていたけど、たまには、こうした非日常を味わう時間を持つといいなあ」
と思いました。

あなたもどこかに出かけてみませんか?

きっと、リフレッシュできますよ!

 

では、また。

生きるって何だろう? 生命って何だろう?
谺(こだま)

4 件のコメント

  • こんばんは、素晴らしい感じ方、変わらない風景なのに、自然と違った用事で行くと気持ちもすっきりする感じなのかも知れませんね~自分もそういう感じ方しようかな~したいなカッコイイですね~
    もっと自分の作品を増やし広めるのが目標です。今は、自分の為にやっている感じですが将来の夢は、誰かの為にかけたらいいなと思います

    • 先生、いつもありがとうございます。先生の未来の作品をもっともっとたくさん見たいです。
      応援しています! 今後もよろしくお願いします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己といいます。シンガー・ソング・ピアカウンセラーをしています。 静岡県藤枝市にある自立生活センターのおのころ島が運営している地域活動支援センター「りんりん」の施設長として精神障害を持つ方へピアカウンセリングを行うほか、シンガーソングライターとして音楽活動をしています。