私の価値観:Ⅰ.人と世界と自分につながれて、好きでいる。

こんにちは!
谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己です。

元気してますか! 私は万全です。

今日は、私の価値観と題してお話しします。

まずは、
Ⅰ.人と世界と自分につながれて、好きでいる。

です。

昨日の記事でレビューした本『生きるって、なに?』で刺激を受けました。
私自身が生きることについて、どんな価値観をもっているのか、自分で再認識したいと思ったのです。

 

人と世界と自分につながれて、好きでいる。

人は一人では生きていけない。

互いにつながり、ともに生かしあうことでより善いことができる。

また、根本のところで、人(個別の人や人一般)や世界、そして自分自身を好きでいないと、自分の対応や振る舞いがぎこちなくなり、自分と相手、双方の思いがうまく伝わらなくなる。

これがすべての大前提。

 

説明

私は、つい「自分ひとりで生きている」と思ってしまいがちです。
というか、自分のことで精いっぱいになりがちなんです。

なので、はじめに覚書のように「人は一人では生きていけない」という言葉を記しています。

そして、互いにつながりあって生きていきたい、そう述べています。
言葉には直接表現されていませんが、他人とはもちろん「自分自身と」つながることが大事だと思っています。

人って、案外普通に自分と切り離されてしまうものだからです。
それが不幸の始まりです。

そして、自分も人も好きでいること。
一人ひとりの人はもちろん、人類というような概念も好きでいること。

双方の思いがうまく伝わるためです。
相手から嫌われたとしても、自分は相手を好きでいたい。

それが「生きることすべて」の大前提だと思います。

 

 

では、また。

生きるって何だろう? 生命って何だろう?
谺(こだま)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

谺(コダマ)ッチャンこと、児玉朋己といいます。シンガー・ソング・ピアカウンセラーをしています。 静岡県藤枝市にある自立生活センターのおのころ島が運営している地域活動支援センター「りんりん」の施設長として精神障害を持つ方へピアカウンセリングを行うほか、シンガーソングライターとして音楽活動をしています。